求人に応募して就職するために必要な2つの心構え

就職活動はスピードを心がける

これから就職したいと思っている方は、まずはスピードを心がけて就職活動を始めると良いです。なぜなら、基本的に就職活動は決められたパイの奪い合いだからです。無制限に応募者を採用してくれる企業はほとんどなく、通常は決められた募集人数に達したら採用がストップします。採用人数が2人ならそれ以上採用される見込みは非常に少ないので、うまくその2人のうちの1人に自分がはいる必要があります。良い求人は沢山の人が狙っているので、スピードを意識して早めに応募しておかないと応募が締め切られることもあります。

また、面接後のお礼のメールや手紙を送るときにも、何日も経ってから送るより、当日や翌日に送ったほうが企業の採用担当者の印象はよくなります。スピードを意識して、周りのライバルと差をつけることが大切です。

周りの協力をうまく使う

うまく就職活動をしたい方は、周りの協力をうまく使うことも大切です。就職活動は一人でも可能ですが、協力者と一緒になってやったほうが採用されやすくなったりします。例えば、面接練習は一人では出来ないことです。学生の方なら学校の先生、社会人の方なら知人や転職サービスなどを使って面接練習をしたほうが本番の時に強くなれます。

また、第三者からのアドバイスは、自分では気付けない部分を指摘してくれることもあるので貴重なアドバイスとなります。その他、就職支援サービスやサイトは就職活動に関する相談をすれば、良い求人情報を紹介してもらえる他に、気持ち的な不安が減ることもあります。気持ち的な不安も面接に影響することもあるので、周りのサポートを受けながら就活を続けることがポイントです。

ネットワークのさらなる普及やクラウドサービスのさらなる需要拡大により、ネットワークエンジニアの活躍する舞台は広がっています。